東急池上線にて「踏切映像伝送システム」の実証実験を開始します 

東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、連結子会社である東急テクノシステム株式会社とともに、踏切の安全性向上を目的に、2015年10月26日(月)より、東急池上線にて「踏切映像伝送システム」の実証実験を開始します。

本実証実験では、乗務員が踏切の異常を確認して列車を停止させた後、車両の運転台にいながら、踏切監視カメラの映像をタブレット端末で確認することができるシステムを構築します。

見通しの悪い踏切などの状況確認を補助することで、安全性の向上に寄与することが期待されます。踏切監視カメラと映像伝送技術を組み合わせた本システムの検証実験に取り組むことで、さらに安心で安全な鉄道を追求してまいります。

■実証実験の概要
1.期間
 2015年10月26日(月)~2016年3月末(予定)

2.実験線区
 東急池上線 蒲田駅~雪が谷大塚駅間

3.実験概要
 システムの性能確認等

※本システムは、「第4回鉄道技術展」東急テクノシステム株式会社ブースにて、展示を行います。

http://www.tokyu-techno.co.jp/news/html/10_32_20151022110718.html

PDFファイル

発信元:東急テクノシステム(株) 2015.11.01